SCHOOL
INTRODUCTION
学校紹介

学院長挨拶  MESSAGE

奈良保育学院は幼児教育・児童福祉の各分野におけるスペシャリストを養成する学び舎です。
高度で、より専門的な知識理論と実践的な保育技術をしっかり学び、子どもたちの笑顔が絶えない、みんなが楽しいと思える保育の"現場"をつくる先生を目指します。


また本学は、先生との出会いが財産になる学びの場でもあります。小規模校の強みを活かし、授業や実習はもちろん、学校生活や就職の悩みなど何でも気軽に相談できる学校です。
「センセイになりたい」という夢がふくらむ2年間、夢の実現に向けて成長していくプロセスをともに歩みましょう。

学院長 中室 雄俊

学院長 中室 雄俊

教育方針  EDUCATIONAL POLICY

私たちが支えるのは、
こどもの笑顔と未来。

寄り添いながら敬身・敬学・敬事を育む教育

敬身・敬学・敬事 敬身・敬学・敬事

令和5年10月に創立130年を迎える学校法人 白藤学園は、開学の祖である漢学者越智宣哲の塾舎からスタートしたものです。越智宣哲による建学の精神「敬身・敬学・敬事」は三大教育方針として今日まで受け継がれています。


本学園では、この「敬身・敬学・敬事」を体現する人の育成を目指しており、一人一人を大切にして成す喜びと感動と自信を呼び起こす教育を実践しています。本学院ではこの三敬精神に基づき、人格的に、知的に、また情緒的にも優れた幼児教育者および児童福祉関係従事者を養成することを目指しています。

沿革  HISTORY

明治26年

10

越智宣哲により天理市田井庄光蓮寺に「正氣書院」を開設

昭和3年

9

現在地に校舎移転

昭和5年

3

財団法人「正氣書院」を設立

昭和26年

3

財団法人「正氣書院」を、学校法人「白藤学園」と組織変更する

昭和28年

2

厚生省の認可により保母養成機関として「奈良白藤保母学院」を設置

昭和29年

1

文部省の認可を得て「奈良白藤幼稚園」を設置

昭和30年

8

文部省の認可を得て幼稚園教員養成にもあたり、「奈良保育学院」と改称
「奈良白藤幼稚園」を「奈良保育学院付属幼稚園」と改称

昭和51年

4

専修学校(専門課程)の認可を受ける

平成3年

4

男子学生の受け入れを開始、男性保育者の養成にあたる

平成28年

2

文部科学大臣より「職業実践専門課程」の認定を受ける

令和5年

10

学園創立130周年および学院創立70周年を迎える

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
PAGETOP